2007年12月25日

中古住宅売買・・・買うときの注意点

売買

売買(ばいばい)は、売り買いのことである。この際、契約が成立する。もっとも身近な契約のひとつである。

民法第555条では「売買は、当事者の一方がある財産権を相手方に移転することを約し、相手方がこれに対してその代金を支払うことを約することによって、その効力を生ずる。」と規定している。最低限の要素として、売買の目的物および代金額が定まっている、あるいは何らかの方法によって定まることが必要である。

以上から、売買とは金銭を対価として財産権を移転する諾成、双務、有償の契約であるといえる。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』引用

中古住宅を買うときの注意点

中古住宅を買うときは、次の点に注意。
・登記簿の閲覧
登記所で家屋登記簿台帳を閲覧し、家屋の国「・面積・建築後の経過年数、建物の所有者などの内容を確認する。
・家屋の抵当権、質権、代物弁済などが設定されてないかの確認をする。
もし設定されていたら、要注意。
・売主、地主とできれば会話する。
いろんな状況があるので、実際の状況を把握する。
ラベル:中古住宅
posted by 売買 at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。