2007年12月15日

土地査定しよう

私有地を土地査定してもらおう
資産としての土地
陸地を「土地」と呼んだ場合、これは不動産に分類される。限られた陸地に境界を設けることには、土地の所有者を明確にする意味があり、所有者の財産として扱われる。土地を所有するためには、その土地を統治している政府の定める条件を満たした上で、土地の所有権を認められなければならない。

近代における市場経済においては、土地は市場での取引の対象となる場合がほとんどである。すなわち、土地に対する財産権が保障される。土地の価格のことを地価といい、土地はこの数値を基に商品として売買される。また、土地を売買・所有すると、その規模に応じて税が課せられる。公共施設や、自然保護を目的とした土地は公的な団体が公有地として所有する。個人で所有する土地のことは私有地と呼ぶ。

社会主義体制のもとでは、土地の所有権は一元的に国家に帰属する。

土地の境界線確定は非常に難しい。隣接する土地との境界線確定で揉めることは昔からよくあった。国家間の領土紛争から、いわゆるご近所トラブルといった所有地(占有地)の境界線をめぐる争いまで、その規模は実にさまざまである。

土地を明確に定めたところで、地震による地殻変動や水害などによる地理変動で地形が変化すると面倒なことになる。水没してしまえば資産価値は無くなるかもしれない。ただし、土地そのものの資産価値は失われても、その土地の上にある構造物が破壊されなければ、構造物の価値は失われないことがほとんどである。万里の長城は一部が水没しているが、そのことで遺産としての価値を失ったとは言えない。

水域に土砂を投下し、埋立地を造成することで土地を増やせる。しかしながら、メガフロートにより造られた場所を「土地」と認めるか否かについては、まだ議論の余地がある。
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ラベル:
posted by 売買 at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。